2015年11月02日

ブログ再開

頻繁にブログを更新しますと書いておきながら書けなかったのには、理由があるのですが、その辺の事情はまたあらためて書きたいと思います。

ブログの更新をさぼっているうちに、中小企業診断士の2回目が終わってしまいました。財務・会計をしっかりやるといいながら、全く勉強することができず、1回目の試験時よりも、かえって退化した状態で受けてきました。今年の試験は、その財務・会計が比較的簡単だったので、チャンスだったはずなのですが、そこでとんでもないミスをしてしまったので、不合格だと思われます。そうすると、また1次試験から受けなければならないので大変だなとか思ったりして、来年はどうするのか微妙ですが、受験前の仕事が忙しくなければ、受験しようかと今のところは考えています。

ということからすると、来年夏の弊事務所の状況がどうなっているかにかかってくるわけですが、現時点では全くわからないなというのが実状です。 収支面からは社外役員の仕事が増えてきたので、改善状況にありますが、業務面は弊事務所の人員状況がどうなっているか次第のところがあります。先週、日弁連のひまわりに求人を出してみましたが、なかなかこの特殊な事務所のニーズに合う人材を見つけるのは難しいかなと考えており、こればっかりは、そうしたニーズに合う方がうまく応募してくれて、弊事務所に喜んで入ってくれるか否かにかかっています。そのために、私の側ではどうしたらよいのかを、ゆっくり考えたいと思います。
posted by いいぜん at 16:08| Comment(0) | 日記

2015年03月05日

中小企業診断士対策など

中小企業診断士対策について書くといいながら、更新を怠っていましたが、今後は、もう少し頻繁にブログの更新をしたいと思います。
中小企業診断士の結果は、
 事例1:C
 事例2:A
 事例3:B
 事例4:C
 総合: B
というものでした。事例1〜4が全てC以上で総合A以上が合格となりますが、総合Bということで、あと少し足りなかったようです。自己採点では、事例1〜3がA〜B、事例4がC〜Dというところでした。事例1がA〜Bに収まっておけば、もしかしたら、あの程度の出来でも合格していたのかもしれません。ただし、中小企業診断士として実務を行ううえでは、事例4という財務会計分野の力が重要だと思われますので、その実力が無いまま合格しなくてよかったのだと思います。事例1の何が問題だったのかはあらためて検討しなければなりませんが、基本的に事例1〜3については、一定の文章力さえあれば、その場でも何とかひねり出せるもののように思われますし、逆に対策は難しいように感じました。事例4は逆に勉強すればするだけ力がつきますし、ここできっちりと点数をとることが大切なのだと思います。中小企業診断士の勉強をする時間がとれだけ確保できるかはわかりませんが、せっかく今年は1次試験を受けなくてもよいので、2次試験をしっかり受かりにいきたいと思います。
弁護士の採用については、非常に優秀な方に加わっていただくことができました。様々な偶然が重なったうえ、思いもよらぬご縁もありました。事務所の引越しの件にしても、今回の弁護士採用の件にしても、縁というものは不思議なものだなとあらためて思いました。
posted by いいぜん at 15:25| Comment(4) | 日記

2014年12月07日

中小企業診断士試験

私の大学時代には、マッキンゼーの大前さんが一世を風靡していたりして、私もコンサルタントになろうかと考えたこともありました。しかしながら、大学時代はESS以外はほとんど何もやってこなかった私としては、いきなりコンサルで第一線から働くのは困難だと思いました。そこで、厳しい銀行に入って、精一杯鍛えてもらおうと思いました。銀行時代はいろんなことがありましたが、留学もさせてもらい、市場部門の法務担当という極めてチャレンジングな仕事を担当させてもらいましたので、良い選択だったと思います。その後、いろんなことがあって、今は弁護士としていろんな企業の方々と関わることになったわけですが、銀行員としては、やはり法務だけを切り離して考えることはできません。もう少し幅広い視野で考えたいなと思い、どうせだったら、中小企業診断士の試験を受けてみようかと思って申し込みだけはしておいたのですが、なかなか勉強する時間がありませんでした。ただ、司法試験の受験勉強をさんざんした立場からすると、受験テクニックというものは、他にも応用がきくもので、最小限の努力でそこそこ勝負になったりするものです。さすがに二次試験の論文試験はあの勉強量では無理だとは思いますが、この程度の勉強で何とか受かるかもしれないレベルになるということからすると、資格試験というのは受かるだけではほとんど意味がないということなのかもしれません。どんな試験も合格はスタートにすぎず、それから先が大切なのでしょう。今日はある予備校にいって口述試験対策のセミナーに行ってきましたが、そこでの隣の席の方は、大手商社にいらっしゃった方でした。資格試験そのものよりも、こうした出会いの方が重要なのではないかと思います。中小企業診断士の二次試験の合格発表は、あと数日後ですが、その結果をみてから、あらためて中小企業診断士の試験対策について書こうと思います。
posted by いいぜん at 00:54| Comment(0) | 日記