2015年11月10日

ブログ休止の理由

ブログをほとんど更新できなかった最大の理由は、ネットというものは本当に怖い世界だなというのを実感したからです。ネットの世界では、事実をきちんと確かめもせず、勝手な思い込みで攻撃的な書き込みをする人たちがいます。嫌がらせ目的で書いているのならまだ対応する方法もありますが、多くの場合、本人達はそれが真実だと思い込んでいて、正義感に駆られて書き込む人が多いです。そうした場合に、いや、それは事実と違って、実はこういう事情があるのだということを説明しても、それがかえって火に油を注ぐことになることが多いです。ですので、個別にお問い合わせのあった方には、きちんと事実を説明させていただきましたが、こちらから積極的に説明することはやめることにしました。マスコミ各社からは個別に問い合わせがあり、そこできちんと説明した結果、私の名前は全く表に出ることはありませんでした。夕刊フジとか日刊ゲンダイでさえ、きちんと私に問い合わせをしてきたうえで、一切私の名前を出しませんでした。日本のマスコミは意外ときちんとしているのだなと感じました。まあ、私が弁護士であるので、勝手に事実と違うことを書くことはできないと思ったのかもしれません。今でも2ちゃんねる等の書き込みは残っていますので、目に余るものについては個別に対応することも検討中ではありますが、今のところは静観しています。
・・・と書いても、何のことかご存知ない人も多いので、事実を簡潔に書いておきます。2014年2月ころに、湯川さんという方が法律相談に来られました。お金に余裕がないとのことでしたし、友人の会計士からのご紹介でもありましたので、相談料もいただきませんでした。この湯川さんが2014年8月にシリアで拘束されたとの報道がありました。その際にマスコミから私に問い合わせが何件がかかってきたので、何事かと思ったら、どうやらアメーバーブログのPMCのページに私の名前が顧問として掲載されているとのことで、非常に驚きました。法律相談をうけたことがあるだけで、そもそも湯川さんがどういう人なのかは私はよく知りません。法律相談の内容は大した話ではないですが、守秘義務があるので話すことはできません。ただし、私は日本法の弁護士ですので、日本のことに関して日本法に基づいて回答を申し上げただけで、何も面白い話はありません。結局、私が湯川さんについてコメントできることは何もないのです。マスコミの方々にはその旨をきちんと理解していただきましたが、2ちゃんねるとかでは、いろんなことを書き込む人がいて、妄想もここまでくるとすごいものがあるなと恐ろしくなりました。弁護士の私でさえ恐怖心を感じるものがありましたので、一般の方であれば、大変なのではないかと思います。ネットの怖さをあらためて感じた事件でした。
posted by いいぜん at 16:09| Comment(0) | 日記

2015年11月02日

ブログ再開

頻繁にブログを更新しますと書いておきながら書けなかったのには、理由があるのですが、その辺の事情はまたあらためて書きたいと思います。

ブログの更新をさぼっているうちに、中小企業診断士の2回目が終わってしまいました。財務・会計をしっかりやるといいながら、全く勉強することができず、1回目の試験時よりも、かえって退化した状態で受けてきました。今年の試験は、その財務・会計が比較的簡単だったので、チャンスだったはずなのですが、そこでとんでもないミスをしてしまったので、不合格だと思われます。そうすると、また1次試験から受けなければならないので大変だなとか思ったりして、来年はどうするのか微妙ですが、受験前の仕事が忙しくなければ、受験しようかと今のところは考えています。

ということからすると、来年夏の弊事務所の状況がどうなっているかにかかってくるわけですが、現時点では全くわからないなというのが実状です。 収支面からは社外役員の仕事が増えてきたので、改善状況にありますが、業務面は弊事務所の人員状況がどうなっているか次第のところがあります。先週、日弁連のひまわりに求人を出してみましたが、なかなかこの特殊な事務所のニーズに合う人材を見つけるのは難しいかなと考えており、こればっかりは、そうしたニーズに合う方がうまく応募してくれて、弊事務所に喜んで入ってくれるか否かにかかっています。そのために、私の側ではどうしたらよいのかを、ゆっくり考えたいと思います。
posted by いいぜん at 16:08| Comment(0) | 日記

2015年03月05日

中小企業診断士対策など

中小企業診断士対策について書くといいながら、更新を怠っていましたが、今後は、もう少し頻繁にブログの更新をしたいと思います。
中小企業診断士の結果は、
 事例1:C
 事例2:A
 事例3:B
 事例4:C
 総合: B
というものでした。事例1〜4が全てC以上で総合A以上が合格となりますが、総合Bということで、あと少し足りなかったようです。自己採点では、事例1〜3がA〜B、事例4がC〜Dというところでした。事例1がA〜Bに収まっておけば、もしかしたら、あの程度の出来でも合格していたのかもしれません。ただし、中小企業診断士として実務を行ううえでは、事例4という財務会計分野の力が重要だと思われますので、その実力が無いまま合格しなくてよかったのだと思います。事例1の何が問題だったのかはあらためて検討しなければなりませんが、基本的に事例1〜3については、一定の文章力さえあれば、その場でも何とかひねり出せるもののように思われますし、逆に対策は難しいように感じました。事例4は逆に勉強すればするだけ力がつきますし、ここできっちりと点数をとることが大切なのだと思います。中小企業診断士の勉強をする時間がとれだけ確保できるかはわかりませんが、せっかく今年は1次試験を受けなくてもよいので、2次試験をしっかり受かりにいきたいと思います。
弁護士の採用については、非常に優秀な方に加わっていただくことができました。様々な偶然が重なったうえ、思いもよらぬご縁もありました。事務所の引越しの件にしても、今回の弁護士採用の件にしても、縁というものは不思議なものだなとあらためて思いました。
posted by いいぜん at 15:25| Comment(4) | 日記