2014年12月07日

中小企業診断士試験

私の大学時代には、マッキンゼーの大前さんが一世を風靡していたりして、私もコンサルタントになろうかと考えたこともありました。しかしながら、大学時代はESS以外はほとんど何もやってこなかった私としては、いきなりコンサルで第一線から働くのは困難だと思いました。そこで、厳しい銀行に入って、精一杯鍛えてもらおうと思いました。銀行時代はいろんなことがありましたが、留学もさせてもらい、市場部門の法務担当という極めてチャレンジングな仕事を担当させてもらいましたので、良い選択だったと思います。その後、いろんなことがあって、今は弁護士としていろんな企業の方々と関わることになったわけですが、銀行員としては、やはり法務だけを切り離して考えることはできません。もう少し幅広い視野で考えたいなと思い、どうせだったら、中小企業診断士の試験を受けてみようかと思って申し込みだけはしておいたのですが、なかなか勉強する時間がありませんでした。ただ、司法試験の受験勉強をさんざんした立場からすると、受験テクニックというものは、他にも応用がきくもので、最小限の努力でそこそこ勝負になったりするものです。さすがに二次試験の論文試験はあの勉強量では無理だとは思いますが、この程度の勉強で何とか受かるかもしれないレベルになるということからすると、資格試験というのは受かるだけではほとんど意味がないということなのかもしれません。どんな試験も合格はスタートにすぎず、それから先が大切なのでしょう。今日はある予備校にいって口述試験対策のセミナーに行ってきましたが、そこでの隣の席の方は、大手商社にいらっしゃった方でした。資格試験そのものよりも、こうした出会いの方が重要なのではないかと思います。中小企業診断士の二次試験の合格発表は、あと数日後ですが、その結果をみてから、あらためて中小企業診断士の試験対策について書こうと思います。
posted by いいぜん at 00:54| Comment(0) | 日記

2014年12月05日

ひまわりに求人を出しました

 「ひまわり」というのは、日弁連が運営している「ひまわり求人ナビ」のことで、弁護士・修習生の求人を無料で掲載することができます。弁護士の採用の方法にもいろいろありますが、「ひまわり」は多くの方が見ておられるので、まずは、ここに掲載をするのが、効率的といえます。前回の求人の際にも、多数の応募をいただき、大変ありがたかったです。今回このタイミングで求人をすることになるのは、正直なところ予定外ではあるのですが、良い人に巡り会えればいいなと思っています。前回はあまりに優秀な方々がたくさん応募してこられ、その中でも最も優秀と思われる人を採用したのですが、その人を育てるだけの力がいろんな意味で私にはなかったなと反省しています。今回はもっとゆっくり応募者の方々と話し合って、この事務所で私と一緒にいかにお互い成長していけるかを考えていきたいと思います。この事務所はある意味でかなり特殊な事務所なので、そこにきちんとマッチできるような人を探すのは大変かなとも思いますが、前と違って事務所の環境は飛躍的によくなっていますし、そばに芝神谷町法律事務所という強力な味方もいますので、前回の採用活動時よりは、こちら側が提供できるものも多いのではないかと考えています。いい人がたくさん応募してくれるといいのですが・・・。
posted by いいぜん at 01:53| Comment(0) | 日記